2010年08月30日

やせ体質?

結構な量食べているのに太らない。ダイエットしているつもりでもちっとも痩せない。食べても太らない体質があるのでは?こう思った経験がある人はデトックスやダイエットを行った人なら一度は、経験があるはず。
同じ分量、同じカロリーの食事をしているのに、太る人と太らない人がいるのはおかしい?と思ってしまいます。この違いは「体内にたまる毒素」に原因があるようです。
よくダイエットや美容の製品でこういったキャッチコピーを見たり、聞いたことはありませんか?
■腸をキレイにすれば痩せる
■血液サラサラですっきりボディーに
■代謝をよくして汗をかいてすっきり
など。
これらは全てからだの中の毒素を出す方法です。つまり、痩せる、太るを左右するのは、毎日の生活の中で体内に溜まっていく毒素だったのです。
毒素を効率よく排出するデトックスが実行できればダイエットとは無縁の生活になるのです。
やせ体質をつくるには、次のようなことに気づかいながら生活します。

とにかく水を毎日たくさん飲んでいる

太らない人やダイエットに成功した人は、1日に2Lのお茶、お水を飲んでいます。冷え性にならないように夏でも温かいお茶を飲んでいる人も!!
冷え性については、こちらのサイトが参考になります。
冷え性と向き合う

シャワーでなく毎日お風呂につかっている

真夏や疲れているときにはお風呂に入らずシャワーですませてしまう人も多いのですが、体内に毒素を貯めない人は真夏でもお風呂に。

軽いストレッチを欠かさない

テレビを見ながら、またお風呂から出た後などにストレッチをする習慣をつけています。

食事はできるだけ自炊

太らない体質の人、デトックスを効率よく行う人は食事をできるだけ自炊します。外食を出来るだけ避けるのです。
余分な油や、添加物を体に入れないようにしています。

おやつを食べ過ぎない

ついつい手が止まらなくなるおやつ。食べ過ぎは毒素を貯める原因になります。
posted by デトックス at 14:17 | Comment(0) | デトックスについて考える
2010年08月28日

朝起きたらコップ1杯の水でデトックス促進

デトックスのまず最初の基本は体の代謝をあげるために水分量を積極的に摂取することにありますが、このときの水分の摂取方法にはちょっとしたコツが必要です。

まず必ず実行したいのが、朝起きたときに飲むコップ1杯の水。できればゆっくりと2杯くらい飲みたいところです。
眠っている間に汗をかいて失われた水分を補給します。また、朝起きた直後に飲む水は、交感神経を刺激してカロリーを消費しやすい状態に導きます。
そして、この交感神経が働いている日中、つまり太陽の光を感じる時間帯、とくに15時頃までに意識して水分を摂取し、あわせて食べ物もとります。
日没後は、副交感神経が優位になり、体がカロリーを消費する働きが弱くなるので夕方から夜にかけての飲食はおさえることを心がけます。

朝、2杯の水を飲み、昼間に1リットルくらいの水を飲めば肌のつやや色も変化してきて美容の変化も自覚できます。
デトックスで健康や美容になりたい人は是非行いたいデトックスです。

国産の海洋深層水一覧ならどの水を選んでもデトックスに効果的です。
また、二日酔いなどのときにも効果があります。
posted by デトックス at 15:49 | Comment(0) | デトックスについて考える
2010年08月23日

ダイエットの為のデトックス

デトックスをはじめる理由は、人それぞれです。綺麗になりたい。痩せたい。便秘を解消したい。

痩せることを目的にデトックスを行うことは非常に理にかなっているのです。体の代謝をよくして毒素を排出すると、体の循環がよくなり痩せるのです。
少し根気よく、生活習慣をかえる必要はありますがハードな運動や長時間の有酸素運動は必要ありません。
もちろんこれらは痩せるためには効果的ですが、やめてしまうとリバウンドしてしまうのです。
痩せやすい体質をつくるには、まずデトックスを意識することと、少し歩く時間を意識的にとること、テレビを見ながらストレッチを行う、バスタイムをちょっと長めにして半身浴を実行。などの習慣をつけることでやせ体質に変わってきます。
デトックスを意識することは、結局、健康的な体になるのです。
posted by デトックス at 12:16 | Comment(0) | デトックスについて考える
2009年10月19日

玄米菜食への疑問

デトックスを効率よく行うためには、玄米菜食が体にいいことはわかりましたが、基本的に動物性食品をあまり摂取しない食事ですので
こんな疑問がでてきました。
今までの食習慣とがらりと変わるのでちょっと不安な面もあります。

・乳製品をとらなくてもカルシウムは平気?
・動物性食品は必要ないの?

この2点について…

乳製品をとらなくてもカルシウムは平気?
ゾウやサイは草を食べて、あの大きな身体を支える太い骨をつくりあげます。魚や貝は海藻を食べて堅い骨や殻をつくります。

日本では長い間、カルシウムを含んだ乳製品を日常的に摂取することはありませんでした。
戦後、欧米の食習慣の影響で学校給食に取り入れられ、以来、乳製品の摂取量は昭和初期の28倍(平成13年度「食料需給表」より)
にも増えています。しかし虫歯や骨折は減っていません。
もともと乳製品は放牧で生活する人たちの食料です。農耕民族の日本人は欧米人に比べて乳糖を分解するラクターゼという酵素が欠乏している人が多く、そのために消化吸収がうまくできずに下痢をしてしまうことが多いようです。
また牛乳には乳糖にも加えて脂肪も含まれており、ダイエットには不向きです。
カルシウムの摂取は玄米食に加え、カルシウムの多い大根やかぶの葉などの野菜や、のりやひじき、わかめなどの海藻をとることで、牛乳以上に効率よく補うことが可能です。

動物性食品は必要ないの?
肉食の風習は放牧で生計を立てている民族の食習慣で、古来、農耕を中心とした日本では、常食していませんでした。
それが食事が欧米化した現在は、動物性食品の摂取量は昭和初期のなんと13倍(平成13年度「食料需給表」より)!!
肉食による栄養過多にともない、肥満、高血圧、心臓病、ガンが増加。
その原因として高たんぱく、高脂肪の食事が指摘されています。
動物性蛋白質は、おなかのなで腐りやすく悪玉菌をふやし、便秘や便の悪臭の原因になります。あた過剰摂取が続くとカルシウムを損失すると言われています。
蛋白質はなるべく昔ながらの植物性蛋白質で摂取するようにします。
ほとんどの栄養素は玄米菜食で充分とれます。肉にあって野菜にないビタミンB12は海藻に含まれます。
とくにのりは100gあたり77.6ugと多いので1日に1枚とると安心です。

▼良質の蛋白質

◇穀物:玄米、たかきび、きび、栗、ひえ、そば、はと麦、丸麦、小麦、大麦、トウモロコシ
◇豆類:大豆、黒豆、青大豆、小豆、白いんげん、そら豆、レンズ豆、ひよこ豆、みどり豆
◇大豆加工品:みそ、醤油、豆乳、豆腐、湯葉、油揚げ、厚揚げ、納豆、高野豆腐、きなこ、テンペ
◇種・ナッツ類:ごま、かぼちゃの種、松の実、栗、くるみ、アーモンド、ビスタチオ、カシューナッツ、くこの実

まったく心配する必要がないことがわかります。
安心して玄米菜食に取り組むことができます。
posted by デトックス at 11:26 | Comment(0) | デトックスについて考える
2009年10月16日

デトックスに最適な調味料って?

日本には、素材そのものの味を引き出す、海水で作った塩と伝統的な
発酵調味料が数多くあります。
現在、スーパー、コンビニ、などで売られている商品は充分に熟成させずに人工的な味をつけたものがほとんどです。
いわゆる化学調味料という商品です。

調味料は国産の無農薬原料を使い、手間ひまかけて長期熟成させたものが一番です。そういった自然な調味料には、身体に必要なミネラル、アミノ酸をはじめ微生物などが豊富に含まれ、腸内の善玉菌をふやし、腸内の環境を整え、身体を元気にしてくれます。
こういった調味料に慣れてくると逆に化学調味料を口にすると、違和感を覚えるようになります。



 ムソー 海の精・やきしお「ビン入」 60g 
伊勢神宮・御塩殿神社に伝わる古式製法を再現したミネラル方法な純国産自然塩の焼き塩。さらりとして使いやすく、食卓塩として、ふり塩、かけ塩、つけ塩に最適。


醤油

【オーサワジャパン】手づくり生しょうゆ(1L)【オーサワジャパン】手づくり生しょうゆ(1L)
販売店:京都太秦しぜんむら
価格:¥1,300
osadasoft


無農薬栽培丸大豆、無農薬栽培小麦、埼玉県の神泉水、海の精を仕様し、無添加、天然醸造法で丹念につくられた非加熱の生醤油。
酵母や乳酸菌、酵素が生きたままの生醤油は、血液をキレイにして
新陳代謝を促します。疲れたときや元気を出したいときに薄めて飲むと
効果があります。


米みそ

【オーサワジャパン】有機立科米みそ(4kg)【オーサワジャパン】有機立科米みそ(4kg)
販売店:京都太秦しぜんむら
価格:¥4,100
osadasoft


蒸した大豆に米糀と塩を合わせて1〜2年熟成させたもの。このみそは
有機栽培、有機栽培丸大豆を使用。天然醸造で本場信州で1年以上熟成させたみそ。全国的にも信州味噌は天然品が多く好評。


麦みそ

【オーサワジャパン】国内産立科麦みそ(800g)【オーサワジャパン】国内産立科麦みそ(800g)
販売店:京都太秦しぜんむら
価格:¥780
osadasoft


蒸した大豆に米糀と塩を合わせて1〜2年熟成させたもの。このみそは
有機栽培、有機栽培丸大豆を使用。天然醸造で本場信州で1年以上熟成させたみそ。生タイプで酵素が生きたままの状態で発酵。


豆みそ

濃厚な旨みがある立科豆みそ(800g) (レビューキャンペーン)濃厚な旨みがある立科豆みそ(800g) (レビューキャンペーン)
販売店:ティーマーケット・ミントマジック
価格:¥978
osadasoft


蒸した大豆を発酵させ塩を合わせて2〜3年熟成させたもの。濃い茶褐色と独特なこくが特徴。地方により八丁ミソ、赤ミソの名前で知られている。




紅玉梅酢200ml【オーサワジャパン】紅玉梅酢200ml【オーサワジャパン】
販売店:PURE・HEART自然館
価格:¥320
osadasoft


青梅を1ヶ月以上塩漬けして浸出した白梅酢を濾過したあと、もみじ赤じそを加えて2ヶ月以上熟成させた正統派梅酢。
原材料:無農薬栽培梅(奈良産)/無農薬栽培しそ(和歌山産)/自然海塩(海の精)




【オーサワジャパン】オーサワなたね油(930g)【オーサワジャパン】オーサワなたね油(930g)
販売店:京都太秦しぜんむら
価格:¥1,130
osadasoft


国産原料100%の菜種油。とろりとした濃い風味と明るいオレンジ系の黄色に特徴があり。

【オーサワジャパン】オーサワごま油(138g)【オーサワジャパン】オーサワごま油(138g)
販売店:京都太秦しぜんむら
価格:¥525
osadasoft


ごま油は、ミネラル、良質の蛋白質、ビタミンB群などが含まれた栄養の宝庫。抗酸化物質も含み、酸化しにくい優秀な油です。
posted by デトックス at 14:08 | Comment(0) | デトックスについて考える