2009年04月23日

宿便でデトックス

デトックスで大事な事は、排泄をスムーズに行い、新陳代謝を活発にすることにあります。

毒素をも溜め込んだその宿便を排出し腸内環境を整えることがまず先決です。

宿便…とは何でしょう?
胃腸の働き以上に食べた結果、肝臓、腎臓の浄化処理が追いつかず
細胞が働けなくなり残ってしまったものです。

宿便を便秘と同じ意味だと思っている人が多いですがこれは
異なるものです。

便秘とは…
便が大腸内に長時間にわたって滞留し、排便が順調に行われていない状態をいいます。毎日排便があってもその量が少量で満足のいかないようなら便秘といえます。

便秘解消についてはこちらのサイトが参考になります
便秘を解消しよう!

長い間溜め込んだ宿便を排泄させることは根気のいることですが…一気に排泄させるような行為は体にも負担になります。
腸の自然運動を促すことが大事です。

自分の体細胞を活性化させ、新陳代謝を高めるようにします。
便を出す基本は、腸を活発に動かす事にあります。
当然、食事が重要なことは言うまでもありません。
  • 食物繊維と水分を十分に摂取すること。
  • 白米を通常食べている人は玄米、発芽玄米に切り替える。(白米と玄米の混合比が1:1)で食べてもかなり効果がります。
  • お肉や魚を少量にして野菜・根菜類・豆類・海草を多くとる。
  • よく噛んで食べる。50回以上噛むといいそうです。
  • 水は1日2リットル以上飲む。


腸内環境を整えるのは1日や2日ではよくなりませんので根気が必要です。
お肉は極力避け、魚や豆製品から摂取します。

但し1日3食をこのぺースでやっていくとストレスもたまりますので
お昼だけは自由にするといった自分の心の健康も考えるといいでしょう。

コレステロールや中性脂肪が上昇すると腸内環境には適しません。
肉類を避ける理由はここにあります。
それでも食べたいような場合には、ゆでるなどの調理法で食べるのが最適です。
豆製品は納豆、豆腐などで摂取するといいでしょう。おからなどは
食物繊維も豊富です。
筋肉のためにはある程度のタンパク質も必要です。
また、
腸は冷やすとすぐに下痢をしたり、お腹が痛くなる臓器です。繊維質を積極的に摂取し、冷たいモノを食べるときは
よく口の中であたためてからゆっくり食べるといいでしょう。
体温が低下したり、内臓が冷えると基礎代謝が下るので注意が必要でです。
posted by デトックス at 17:25 | Comment(0) | 宿便