2009年11月20日

デトックスとは?

posted by デトックス at 14:12 | Comment(0) | デトックスとは

ヘルシー食材を活用してデトックス

「デトックス=毒出し」も効率よくそして健康的に行います。
デトックスのカギ「毒を出す、ためる」は普段の食事が全てです。
体の中に最も多くの毒素が入ってくるルートは食事です。次が飲み水です。食品中に含まれる有害ミネラルや食品添加物です。それらは、一度に入ってくる量はわずかでも、毎食ごとに入ってくる少しずつの量が蓄積されていくと毒素はたまってしまいます。
痩せにくい、肩がこる、冷え性、低血圧、高血圧、かぜを引きやすい、よく眠れないなどの症状はこうした毒素が体に蓄積してしまったことが原因であることが多いのです。体を浄化させ、健康的な体に戻すにはデトックスを行うことです。
また食品中のビタミンやミネラルはこうした蓄積された毒素を排出する役目があります。そういった意味でも食事が重要だということです。
デトックスは毒素を排出する。だけでなく毒素を取り込まない。も大事なのです。
毒素を排出するには、排出効果のある食品をとることが大事です。
デトックス食材ベスト10(主な排泄する毒素)
抗酸化作用のあるビタミンCやミネラル、食物繊維などが豊富な食品を選ぶことがポイントです。
また合成保存料が使用されている加工食品を極力避けるようにします。

毒素を排出+取り込まないポイント
・旬の自然野菜や抗酸化作用のある食品を積極的に!
デトックス食材を摂取するポイントは第一に旬の新鮮な野菜や果物を選ぶことです。たとえばビタミンCのように水や空気、熱に弱いものもあります。つまり、収穫から時間がたってしまった新鮮でない野菜には栄養がすでに失われているのです。デトックス食材の中にはビタミンやミネラル、食物繊維のように普段耳にするモノ以外にポリフェノールやカテキンなど活性酸素を除去する抗酸化作用をもつものもあります。
これらの成分が豊富に含まれているのは緑黄色野菜などです。
デトックス食材以外にも積極的に摂りたい食材です。

・下ごしらえの際に毒素を洗い流す
食材を買うときは、できるだけ無農薬や減農薬、有機栽培など天然のものを選びます。しかしこだわりすぎて「無農薬でなければダメ!」とストイックになりすぎるとかえってストレスにもなるので自分でうまく
コントロールします。下ごしらえの段階で水洗い、湯通し、を行い、残留農薬を排出するように工夫します。
葉物などは外側の葉を廃棄し、中の葉を食べるようにします。
じゃがいも、大根、にんじんなどの根菜類については、皮をむいた後、流水で洗うようにします。

・よく噛んで食べ、毒素を分解
よく噛んで食べることは、毒素を減らすのに役立ちます。唾液の中には、細菌を殺したり、免疫抗体や活性酸素を取り除く作用があります。
唾液の酵素が体を守ってくれるのです。
またゆっくり噛んで食べることは血糖値の上昇を緩やかにするので少量でも満腹感を得ることができます。
つまり、ダイエットにも向いているのです。
デトックスを行うと同時にダイエット効果も得られるのです。
唾液はよく噛むことで分泌が促進されるので食事はゆっくりよく噛んで食べます。

・食べ過ぎやインスタント食品の摂取を控える
デトックスに役立つように野菜を中心によく噛み、下ごしらえでせっかく気を遣ってもインスタント食品を食べ過ぎてしまっては体にどんどん毒素が入ってきてしまいます。
毒素の排出が追いつきません。ダイエットのためにも腹八分目を守りインスタント食品を控えます。保存料や着色料などの摂取を極力避けます。

新鮮野菜でデトックス効果を高める〔新鮮野菜のネット販売〕
旬の新鮮野菜と卵セット
農家のこだわり食材産直セット 野菜・果物&新米・味噌セット
posted by デトックス at 13:58 | Comment(0) | デトックスとは
2009年08月19日

便・尿・汗の排出がカギ

人の体は、排気ガスやタバコの煙、残留農薬などの有害物質や活性酸素を発生させるもととなるストレスに毎日、脅かされています。
体にダメージを与えるこれらの毒素の多くは毎日の生活の中で排出されるので、そう簡単に悪影響を及ぼすことはありません。
汗、尿、便などから毒素は毎日排出されています。

しかし、排出しきれなかった毒素が長年の間に蓄積されると内臓の働きや細胞の新陳代謝を鈍らせて、病気の引き金になることがあります。

とくにダイエットでは有害物質が脂肪を分解する酵素の働きを阻害することがわかっています。そこで「デトックス力」をつけ毒素をためない環境を整える必要があるのです。
デトックス力を高めるためには食事や生活の工夫によりパワーアップさせることが可能となります。

デトックスを実行する際には、ただ出せばいい。というのではなく
出し方に気を配りしっかり出すことがポイントとなります。

ではデトックス力をたかめるために
正しい排出方法、間違った排出方法について
汗、尿、便の3つをリサーチしていみます。ここはデトックスを行うにあたって一番重要な部分となります。
 
尿
便
出し方○
(まる)
●じわじわゆっくり汗をかく
●汗がにわない
●汗をかいたあとも爽やか

には皮脂腺から出るモノと汗腺から出るモノがあり、デトックスとの関係が深いのは皮脂腺からでるほうになります。毒素は水よりも脂にとけやすい性質だからです。そのため、デトックスのためには、一気に噴き出すよりも、半身浴で出るようなじわっとした汗をかくのがベターです。また、汗をかいたあと肌がべとつかず、さらっとした感覚を感じるのもデトックスによい汗です。

●ほぼ透明な尿
●適度な量が出ている
健康な状態で体から不要な毒素がしっかり出ているときは、十分な水分を摂取していて、内臓も正常に働いているので尿に濁りがなく、透明に近い状態です。また量についても適度で1日に最低でも5〜6回はトイレに行きます。

●ずっしりと重い
●体に不要なものを
●たくさん含んでいる

しっかりとしたデトックス力を持つ体から排出された便は、すっきりと出るのが特徴。
量はバナナ1本くらい。適度な硬さがありにおいもほとんどありません。質のよい便をつくるには、よい腸内環境かどうかが重要になります。
毒素をからめとり、排出する食物繊維や毒素の力を弱める善玉菌をヨーグルトなどを食べているか、たっぷりの水分をとっているか、適度な運動をしているかが便の質を左右するからです。
出し方×
(ばつ)
●バッと一気にかく
●汗がにおいやすい
●べたつく感覚が残る

体温調整のため、一気に吹き出るようなはおもに汗腺からでるため、水分が多くなっています。毒素は水分にとけ込みにくいので、そうした汗はデトックスの面から見ると効果がいまひとつです。また、デトックス力が落ちているときは、汗をかいたあと、べたつくような気持ち悪い感覚が残りやすくなります。さらに汗のにおいも強くなりがちです。
●濁っている尿
●トイレの回数が少ない

とくに病気が見つからないのに、尿が濁って見えるとときは、デトックス力が落ちているかもしれません。またトイレに行く回数少な目の人も注意が必要です。摂取する水分量が少ないと、毒素の排出に必要な尿量が減ってしまいます。その影響で尿が凝縮されて濁っているように見えることがあります。
●スカスカで軽い
充分に吸収しないまま出てくる

便秘がちだったり、下痢することが多かったり、便通に問題がある人はデトックス力が落ちている心配があります。なぜなら腸内環境もよくない可能性があるからです。
すっきり出た感覚に乏しいときは、毒素を充分に吸収する暇がなく、腸内を通過してしまったり必要以上にとどまりすぎてかえって悪い刺激を腸に与えていることがあるのです。



1食あたり190円!着色料不要だから安心♪【送料無料】[すっきりデトックス]まずは1ヶ月お試し♪デトック・スリム粥 6つの味 30食セット 【15%OFF!】1食あたり190円!着色料不要だから安心♪【送料無料】[すっきりデトックス]まずは1ヶ月お試し♪デトック・スリム粥 6つの味 30食セット 【15%OFF!】
価格:¥5,700
【1万円以上で送料無料】お風呂でお手軽デトックス!汗がいっぱいかけるバスソルトヒマラヤ産岩塩(浴用)ピンク/パウダー【1万円以上で送料無料】お風呂でお手軽デトックス!汗がいっぱいかけるバスソルトヒマラヤ産岩塩(浴用)ピンク/パウダー
価格:¥630
ゲルマニウム配合でパワーアップ!マイナスイオンと遠赤外線で癒し&デトックス!!keywordゲルマニウム樹液シート≪1袋20枚入り≫【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】ゲルマニウム配合でパワーアップ!マイナスイオンと遠赤外線で癒し&デトックス!!keywordゲルマニウム樹液シート≪1袋20枚入り≫【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】
価格:¥2,079
内側から輝きのある美しい肌と健康な体を目指す方へハーブコーディアル デトックス内側から輝きのある美しい肌と健康な体を目指す方へハーブコーディアル デトックス
価格:¥2,400
osadasoft

posted by デトックス at 11:38 | Comment(0) | デトックスとは
2009年04月22日

デトックスって?

最近、なんだか疲れやすい。やる気がでない。かったるい。
こんな症状に悩まされている人が増えているそうです。

病気ではないけれど体調不良が続く。
その原因は…いろんな要因・原因があると思いますが、
身体の中に溜まった有害物質かもしれません。
有害物質というのは
に主鉛やヒ素、カドミウム、水銀などの有害重金属です。
酵素にとりつき、その働きを阻害してしまうといわれています。
有害重金属が体に付着するのを防ぐために身体の中で活性酸素が活発に働きます。活性酸素は血管や細胞をも傷つけます。
結果、身体がサビ、疲れやすくなったり…
だるくなるのです。
そこでこの有害物質をデトックスしなくてはいけないのです。
つまり…

デトックスとは…

・身体の中の毒素を抜く
・体内浄化
を言います。

 まず体内にたまっている老廃物(毒素)を出すこと(=デトックス)が健康への重要事項となります。

手軽にすぐにできるデトックスというと、
水を飲んで、体内の余分な老廃物を尿や汗で排泄(デトックス)して、体の代謝機能を高めることになります。
一時期、「健康の為に水をたくさん飲む」ということをよく言われましたがまさにこの「水を飲む」=デトックスそのものなのです。

では、どのくらいの量の水を飲めばいいのでしょう?
ミネラルウォーターを1日2リットル以上と言われています。
尿は腎臓の働きによって排泄されますが
たくさんの水を飲むことで腎臓の負担も軽くなります。

このとき飲む水は、水道水はNGです。


水道水が適さないわけ!!


毒素を取り込まないための生活術

野菜はよく洗う
デトックスを行うにあたってまず考えることは、毒素をなるべく取り込まないための生活術を習慣化させることにあります。
毒素を排泄させるデトックス行為と同時に行うと
より効果的です。
デトックスのためには、口から入ってくる毒素を減らす工夫を行います。そこで野菜の下ごしらえのときは、よく水洗いするように心がけます。
じゃがいもやにんじんなどの根菜類は皮をむいてから、もう一度水洗いするようにします。

油と大型魚のとりすぎに注意する
油はとりすぎるとカロリーオーバーの原因になります。有害ミネラルは脂肪にとけやすいので肥満になると体に毒素をためやすくしてしまいます。デトックスには油を控えられる和食がベストとなります。
デトックスしにくい体質というのは簡単に言えば…肥満なのです。
まずは痩せることからはじめます。
また、大型魚の食べ過ぎにも注意をします。
食物連鎖の関係から小型の魚をえさにしているまぐろ、かじきなど大型魚には毒素が蓄積されています。週に1〜2回がベストです。

ミネラルウォーターを飲む
デトックスにとって水分補給はとても大事なことです。
体内の水分サイクルを正常に保ち、浄化作用を促します。
水道水の環境ホルモンや水道管の腐食による有害ミネラルは
とても危険です。
水を飲む際には水源が安なミネラルウォーターか、有害ミネラルを除去できる逆浸透膜浄水器での水にします。

posted by デトックス at 11:19 | Comment(0) | デトックスとは