2017年07月13日

肝臓が沈黙の臓器と言われる理由

デトックスというとすぐに腸に結びつけるのは決して間違いではありませんし、腸がデトックスに大きく関係していることに違いはありません。代謝を考えたときに決して忘れてはいけない臓器が肝臓です。

代謝や有害物質の解毒をつかさどる肝臓の異常は、命に関わる問題です。そのため、肝臓には約5000億個もの肝細胞があり、一部が機能しなくなっても、ほかの部分がその働きを補うことができるようになっています。

黄痘などの症状が現れるのは、肝細胞の大部分が壊れてしまってから。肝臓が「沈黙の臓器」といわれるのは、病状がかなり悪化するまで、自覚症状なしに病気が進行してしまうためです。

また肝臓には、一部を切っても元通りに再生する能力があります。これは、ほかの臓器には見られない特殊な機能。たとえば肝臓の約80% を切除しても、数カ月で元の大きさと機能をとり戻すことがわかっています。

疲れた肝臓にはシジミ
posted by デトックス at 13:41 | Comment(0) | デトックスについてもっと!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: