2016年11月23日

肌や筋肉へのストレスを減らす「水素入浴」は若返りにベスト!

入浴の効果をもう1歩効果的にする

入浴はリラックス効果を高め副交感神経を優位にし安眠にもつながる大事な生活習慣です。入浴についてはたくさんの効能、効果が紹介されています。心身のリフレッシュに最も手軽なのが入浴です。体が温まると血管が広がるので、血液循環がよくなり、栄養物質や酸素が体のすみずみまで供給されます。

同時に、疲労物質である乳酸の除去が促進されて、老廃物も汗とともに排出されるので、体のコリがほぐれて疲れも取れます。

ぬるめのお湯でゆっくり温まると、副交感神経が優位となるので、精神的にも安らぎ、リラックスすることでストレス解消にもつながります。
現代人は多くの活性酸素を知らず知らずのうちにため込んでいますが、体からのサインを見逃していませんか?
体の錆び付きチェック(活性酸素蓄積指数)はこちら

また、入浴では、水圧によって、足にたまった血液が押し上げられ、心臓の働きを活発にします。これによっても血液循環が促進されます。腹部にかかる水圧は、横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させます。

これは、体内の空気量がへることなので、それを補うために呼吸回数が自然にふえて、心肺機能が高まります。

このような入浴効果は医学的にも研究・証明されていますが、その効果をさらに高める方法があります。

それが「水素入浴」です。水素には、活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素とは、呼吸によって空気中から取り入れた酸素が、体内で変質したものです。取り入れた酸素の0.1〜0.2% が、活性酸素になるといわれています。

その活性酸素が、細胞や遺伝子を傷つけ、体を老化させる元凶となるのです。

活性酸素が遺伝子を傷つければガンに、目の水晶体を傷つければ白内障につながります。認知症も、活性酸素によって脳組織がダメージを受け続けることで引き起こされるといわれています。

このほか、「老化」についても、活性酸素は深くかかわっています。活性酸素が細胞の機能を低下させることから、老化は始まるのです。

最も効率的な活性酸素の除去剤

このように、さまざまな病気や老化の元凶となる活性酸素を、水素は効率的に除去してくれます。しかも、いくつかの種類がある活性酸素の中で、最も有害とされる「ヒドロキシラジカル」を狙い撃ちして、無害な水に変えるという作用を持っています。

さらに水素は、すべての分子の中で最もサイズが小さく、浸透性に非常に優れています。つまり、他の物質ではたどり着くことが困難な、脳の中や毛細血管の先端にまで行き渡らせることが可能なのです。

活性酸素の害を防ぐ抗酸化剤として最も理想的なのは水素、といわれる所以です。この水素を入浴剤として用いれば、温熱効果で毛穴が広がっている皮膚を、すばやく刺激できます。

また、入浴中には呼吸の回数がふえます。水素入浴剤の場合、浴室内の空気中にも水素が放出されるので、それによっても多くの水素を体内に取り込むことができます。

こうしたことは、より多くの活性酸素を除去することにつながります。

近年、活性酸素の悪影響が広く知られるようになり、抗酸化作用を持つ物質が注目されていますが、活性酸素を中和して除去するメカニズムを考えると、水素ほど効率的なものはないでしょう。

活性酸素を無害化して炎症をおさえ、リウマチやぜんそく、全身の疲労を強力に改善する水素
posted by デトックス at 13:44 | Comment(0) | デトックスについてもっと!!