2013年05月21日

食物繊維で腸をデトックス(イサゴール)

腸内環境を整備するために欠かすことのできないのが食物繊維。食物繊維は、水を含むとふくらみ、腸壁を刺激することで便通を促し、同時にデトックス作用を高めます。
腸壁は刺激されると、こびりついた老廃物をかきだしたり、吸着して排出します。
こうしてデトックスされることで善玉菌が住みやすくなり、活性化さっるので相乗的に腸内がきれいになります。
また、最近では、食事で食物繊維を摂取すると、脂肪の燃焼が持続することもわかってきています。
昔ながらの和食には食物繊維が豊富でしたが、食生活が欧米化してきたことで摂取量が激減。
特に20代の女性の摂取量はひくく、積極的に摂ることを心がけないとデトックス以前の話になってしまいます。

食物繊維には、水溶性と不溶性があります。不溶性はその名の通り水に溶けないだめ、便を硬くしづらぐしてt まいます。ですので不溶性2に対して水溶性1の割合で摂るのが理想的。厳密に計測して摂る必要はありませんがバランスを考えて取る習慣をつけることが大切です。

食事で食物繊維を摂るのが基本ですが、どうしても食事に時間を割けない人は「トクホのイサゴール」などがおすすめです。主成分の「サイリウムハスク」は保水性と膨張性が高い食物繊維で、お腹の調子を整える、コレステロールを下げるという2つの働きが認められています。デトックスを促進させたい人にはおすすめです。
posted by デトックス at 18:48 | Comment(0) | デトックスについてもっと!!