2012年12月17日

急増しているノロウィルスもデトックス

普段、デトックスというと体内の解毒になりますが、冬季間に急増するノロウィルスなどのウィルスに感染した場合も体から排泄しなければなりません。
基本的には、病院に行き、治療しなければなりませんが嘔吐、下痢が続く場合には、大塚製薬から発売されているオーエスワン(OS-1)という、経口保水液が効果的です。これは、電解質と糖質のバランスを調整したいわゆる水です。

脱水症とは

嘔吐や下痢の時、消化液(胃液や腸液)を集います。消化液の中にふくまわている水分ヒ塩分(ナトリウムやカリウムなど)を失うことを脱水症といいます。水分だけを失うのではありません!

脱水症の治療

ひどい下痢の時、水分だけを飲ませると、塩分欠乏型の脱水症ヒなり、手足が冷たくなってしまいます。このような時は、水分と塩分を含んだ経口保水液が適しています。

経口保水液

ひどい下痢の時、腸からナトリウムやカリウムを吸収させるためには、こわらの電解質(塩分)と一定の比率のブドウ糖( 又は白糖)を加えちことが必要です。
下痢のとき腸かちナトリウムやカリウム吸収しやすいように組成された飲料を経口保水液ヒいいます。経口保水液には医薬品、病者用食品、一般食品などがあります。

経口保水液の飲ませ方

一度にたくさん飲ませると吐くことがあります。はじめは、一口ずつか、スプーンやスポイドなどで少量ずつ頻繁に飲ませてください。ある程度飲ませても吐かなけわば、自由に飲ませてください。もし、嘔吐が止まちない時は、医師にご相談ください。
posted by デトックス at 16:09 | Comment(0) | デトックスについてもっと!!