2010年07月25日

コンビニ食でもちょっとしたきづかいでデトックス促進

コンビニ弁当も商品選びを工夫する

デトックスのメリットを理解して早速、ミネラルウォーターをたくさん飲んだり、ごぼうやれんこんなどの食物繊維をとるように生活習慣をつけている人も多いはず。

せっかく食べることをデトックス中心で考えたり行動しているけれど…どうしてもお昼ご飯は「コンビニ弁当になってしまう」というOLやビジネスマンは多い。ほとんどかもしれない。
お客さんと一緒に食事をするような仕事をしている人も多い。

でも、ちょっとした気づかいで、毒をためない食習慣は実行できます。お昼に食べるお弁当やおにぎりと一緒に「ぬか漬け」を購入したり、野菜ジュースを飲むだけで毒素排出の効果はアップです。
おにぎりもしゃけやたらこのおにぎりよりは、梅がいいでしょう。
ぬか漬けには、腸内の善玉菌をふやす乳酸菌がたくさん含まれているためデトックスを促進します。
最近は、コンビニにもぬか漬けが陳列されています。是非、購入したいデトックス食材です。
くれぐれも「浅漬け」と間違わないように。
パスタを購入する場合ならトマトソース系がお勧めです。
赤い色素のリコピンには、様々な病気の原因となる活性酸素を除去する作用があります。リコピンは生より加熱したもののほうが、吸収率は高まります。また、ビタミンも豊富で美肌効果も期待できます。整腸作用も備えているので、デトックス食材として二重丸です。
梅には、クエン酸の力で、疲労回復や燃焼効率をアップ、動脈硬化にも効能が。また、酸味が唾液の分泌を促し、唾液がもつ酵素の力で発ガン性物質などの解毒もすすみます。

コンビニ食でも少し気をつかって自分の体の毒素を少しでも排出してくれる食品を選ぶだけで体への負担はグッと減ります。
コンビニ食だからデトックス効果は期待できないと考えるのは間違いです。
posted by デトックス at 11:35 | Comment(0) | デトックスフード
2010年07月21日

毒出しにおすすめの飲み物(水以外)

ミネラルウォーターを使ったデトックスは定番ですが、その1日に摂取する量は1.5〜2.0リットルです。水だけで摂取するのは、案外大変です。そこでお茶など、少しでもデトックス効果のある飲み物を紹介します。

1日に摂取する水分量の基本

水以外の飲み物を取る場合には、カロリー0が理想です。せっかくの毒出しの高い効果を期待して取る水分ですからカロリー0が基本です。
糖分の多いジュース、炭酸飲料、またコーヒーや紅茶に入れる砂糖も控えます。中には多少カロリーがある野菜ジュースなどがありますが、アミノ酸飲料なども含めてこれらはデトックス効果を促進しますので摂取は○です。

水(ミネラルウォーター)以外のオススメ飲料

水以外では、アミノ酸飲料などのプラスアルファ効果のあるドリンク類です。これらは、単に体内の水分の循環作用を活性化するだけでなく、含まれている成分におって、健康維持や体質改善が期待できます。たとえば、黒酢やお茶には体内の脂肪を燃焼させる効果がありますし、ビタミンや食物繊維の豊富な野菜やフルーツのジュースには、体内の毒の代表ともいえる活性酸素を取り除いたり、整腸作用を高める効果があります。水以外の飲み物で水分を補給するときには、自分に適した飲み物を選ぶといいでしょう。

黒酢
お酢に含まれるアミノ酸が脂肪を燃えやすくしてくれるので、肥満防止に効果的。また血液を綺麗にしてくれる作用や疲労回復にも力を発揮します。黒酢はこちら

中国茶
烏龍茶にダイエット効果があるのは周知のとおりですが、豊富に含まれるポリフェノールには、体内にたまっている脂肪を流し出す作用があります。プーアール茶も同様の効果があります。中国茶はこちら。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇をおさえ、肥満を防止する効果があります。またうまみ成分テアニンには、空腹時のイライラを抑えるリラックス効果もあります。緑茶はこちら。

生姜湯
しょうがは昔から風邪の特効薬として知られています。体をあたためて発汗を促し、新陳代謝を高める働きがあるので毒素を出すには最適。冷え性、汗をかきにくい人におすすめです。生姜湯はこちら。
posted by デトックス at 15:09 | Comment(0) | デトックスフード
2010年07月08日

毒出しスープでトラブル原因を排出

毎日の暮らしの中で知らないうちに体内に毒素をため込んでしまっているものです。これは健康にも美容にも非常に悪い習慣となります。こうした毒素による引き起こされる不快症状は様々です。

毒素によって引き起こされる不快症状

眼精疲労、充血、便秘、冷え性、肩こり、頭痛、腹痛、腰痛と多岐にわたります。またこれらを放置しておくと高血圧、高血糖、動脈硬化などの病気に発展してしまうこともあります。人間の体は体内に侵入した毒素を排出するために様々な反応を見せます。しかし生体反応だけでは十分に毒素を排出しきれないのです。こうしたことから毒出しスープを毒素排出に役立てようという試みです。

毒素排出のための体の反応

  • あか
  • 抜け毛・ふけ
  • 目やに
  • 月経
  • 咳・たん
  • 大便・小便
  • 鼻汁

毒出しスープの作り方と効果

材料
  • たまねぎ…1個
  • ゴボウ…1本
  • にんにく…1かけ
  • こんぶ…1〜2枚
  • 麩…20g
  • 塩こしょう…少々
  • みそ…適宜
  • コリアンダー…好みで

作り方

  1. 麩以外の材料を鍋に入れ水をひたひたになるまで加えて5分ほど煮る
  2. 水でもどした麩を軽くしぼって水気をきり鍋に
  3. 塩・こしょうで味を調えたらみそで味付け(みそのかわにカレーを使っても良い)
  4. 1日に2〜3杯食べる。コリアンダー(有害貴金属の排出効果)を添える

毒素をつかむ食材(たまねぎ)毒素を閉じこめる食材(麩)毒素を外に出す食材(ごぼう)の3つの力で構成された毒出しスープは効果抜群です。継続して飲むと肌のつやがかわってきます。胃腸が弱い人などはせっかく玉葱やゴボウなどのデトックス食品を摂取しても吸収されない場合が多く、なかなか効果が自覚できずにいます。よく噛んで食べることが大事なのは言うまでもありませんが、少し時間をかけてじっくり取り組むことも大切です。胃腸などが弱い人は毒出しスープがおすすめです。

つくるのがめんどくさい人に!



posted by デトックス at 18:20 | Comment(0) | デトックスレシピ